2005年03月23日

チェブラーシカ

「チェブラーシカ」を3回くらい見る。
細部がおもしろくなってくる。
チェブちゃん1作目でロシア文字をちゃんと読んでるやん、友達募集のときとシャパクリャクからの手紙。4作目を作るときに、過去3作をチェックしなかったのかぁ? たった3作品しかないのに。ま、そういうところがいいんだけど。2作目で鳥の巣箱が作れないゲーナだが、10日で家を建てたり、コンプレッサーを駆使して子どもの遊び場を作ったりしてるではないか。巣箱が作れないわけないじゃん、とか。
「チェブラーシカ配給日記」に載ってた、チェブが積み木をなおすシーンは最高だった。あと、1作目でゲーナたちが運んだレンガをチェブが他に持っていっちゃうとこも好き。エプロン&手袋までしてるし。役に立ってないとこがいいなぁ。台車に乗ったり、鉄くずといっしょに運ばれたり、ケーキとともにゲーナに持ってもらったり、運ばれるのが好きなようである。
チェブやゲーナの人形が作品ごとに違ったり、シャパクリャクの声が1作目と他で違っていたりするのもおかしい。チェブの声はかわいすぎる〜。うるぁ〜。
DVDを買ってよかった。
今度はチェブグッズを買おう。でもオフィシャルのグッズ、欲しいのは売り切れまくりで残念。増産希望。よしくみさん、おねがいします。
posted by かばここ at 22:10| Comment(3) | TrackBack(1) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

「旧暦はくらしの羅針盤」(小林弦彦著)

繊維業界で働いてきた著者が、タイで旧暦に出会い、それが今も毎年の天候予測に役立つということを解説している本です。
旧暦は太陰太陽暦で、月の動きに合わせて1ヶ月約29.5日で、12ヶ月で約354日となります。もちろんこれでは実際の1年の長さとは合わなくなるので、19年に7回閏月が入ります。閏月が入った年は1年が13ヶ月になります。
この人の説によると、この旧暦で考えた方が実際の季節に合うということなのです。閏月の入り方によって、その年の気候が分かるということで。例えば、2001年には「閏四月」が入ったわけですが、そうなるとその年は夏が長くなります(旧暦の4月は夏なので)。毎年のように異常気象だと言われていますが、旧暦で考えると実際の天候に合うそうです(20、21世紀の温暖化までも!)。確かに毎年、梅雨の時期や夏の長さは変わりますもんね。そのことに法則があってもおかしくない。
うーむ。。なんてことでしょう! こんな人類の叡智を捨ててしまっていたのですね。もともと中国とユダヤで同じような暦が作られたそうです(お互いに交流がなかったのに)。やっぱり、太陰太陽暦には意味がありそうですね。日本の旧暦は、それを日本向けに改良したものだそうです。
この著者は、業界紙の元旦号にその年の天候予測を発表していて、20年間で7割以上の的中率だそうです。
本を読んだら、旧暦のカレンダーも欲しくなりました。
閏月の入るルールというのが本には書いてないのですが、本当はそこがポイントですよね。どうやって決めるんだろう? その疑問だけは未解決です。


posted by かばここ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

ヘンプのアクセサリーもらってくれた

帰省ついでに実家に寄ってみた。
4歳の姪にヘンプのアクセサリーをあげようと持っていったら、意外にも母と妹も気に入ってくれて、ネックレス、チョーカー、ブレスレットのほとんどを引き取ってもらえた。自分の手作りのものを気に入ってもらえたのって初めてかも。嬉しいなー。
4歳の姪もちゃんと好みがあって「これとこれ」と選ぶ。母がそれを交換させようといろいろ言うが、もうすっかり自分のものにしてポケットにしまっていた。ただ、赤とピンクが好きで「○○ちゃんは、女の子だから、女の子の色が好きなの」と言っていたのには、ジェンダー教育はどうなってるんじゃぁ、と少し思った。そういえば私は小さい頃から赤が嫌いで青が好きだったが、無理矢理「女の子だから赤ね」と赤い服を着せられていて辛かった。でもこういう素直な子もいるのね。
ともかく、引き取ってもらえたおかげで、少しやる気が出たかも。母、妹、姪と3世代に気に入ってもらえたと、強引な解釈で、急に気をよくしているワタシである。
posted by かばここ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

ららぽーと甲子園

5人でごはんを食べることに。まだ時間が早かったので「ららぽーと甲子園」へ行く。
阪神パークが閉鎖したことは知っていたが、そんなものができていたとは…。
阪神パーク(動物園?、遊園地?)の跡地だけあって、めちゃくちゃ広い。浜松の尺度で言うと、イオン志都呂の倍くらいあると思われる(こういう書き方ってすごく恥ずかしー!)。
「Bistro Menu de la Maman」というフランス料理のお店へ。ディナーのコース料理が2,000円と2,800円。意外と安い。お客さんは少ないし、どんなもんかと思っていたら、意外においしかった。

050319-1.jpg

久しぶりにステーキというものを食べた。とってもおいしかったけど、量が多く、女3人が残した分を男2人に食べてもらった。こういうのは便利(?)でいいね。パンもおいしくて、追加で持ってきてもらって、こっちは全員ちゃーんと食べた。
他に行列ができているお店もあったのに、このお店はすいていた。不思議。バイキングなんかの方がいいのかな?

ごはんの後、ららぽーと内をうろうろする。と言っても全体の1/5くらいしか見てないけど。
この写真は、ケーキ屋さんのショーケース。フルーツの盛り付けがてんこ盛りですごい。

050319-2.jpg

ららぽーと、気に入ったものの、もうそんなに来れないのが残念。それにお見舞いに帰ってきたということもあり、何も買い物はせずに帰宅。
久しぶりに皆そろったけど、お義父さん入院ということで、微妙なテンションだった。
posted by かばここ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お見舞い

ダンナのお父さんが手術で入院しているので、お見舞いに行く。
3連休の始まり&春休みのため、けっこう渋滞が続く。6時間半かけて、ようやく到着。
2、3年ぶりに会った義兄夫婦とお義母さんと私たちで夕方病院へ。
いつも愉快でほら吹きだったりするお義父さんは、しっかりしてたけど、さすがに元気がなかった。
しきりに息子たちに「飲み過ぎたらあかん、ほどほどにしときや。」と言う。
16日に手術をしてまだ3日で、まだ食事もできず点滴だけ。大好きなテレビも見る気がしないらしい。
予定では3〜4週間入院だそうで、今のところ回復は早いが、手術で切り取った箇所の検査が分かるまでは、とても不安だろうと思う。検査の結果がよいといいんだけど…。
何も自分にできることがないのが悲しい。
posted by かばここ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

ケータイをnudioに機種変更

050317.jpg

私が持ってたケータイは4年ほど前のもので、壊れるまで使おうかと思っていたのですが、充電の持ちが悪くなり、「電池残量ありまっせ」の状態からいきなり「もうだめ。充電してね」の状態になって使えなくなるので、ついに買い替えることにしました。今どき写真も撮れないやつだったし、電卓機能もなかったし。
結局V602Tヌディオの白いの(セラミック)にしました(メタリックの方が好きだったんだけど「女の子は白い方がいい」と言われ、女子になりたい私は従いました)。決め手はデザインだけです。とはいってもデザインだとノキアやモトローラもありだったのですが、あの手の外国もんのは使いにくいなんて聞いてたので、東芝さんなら安心かしらと。
で、在庫がなくなりつつあるらしいと聞いたので、まず近くのvodafoneショップに電話しまくりました。そしたらどこも「ありません。入荷することもありません」という返事でがっくり。だけど、docomoもauも扱っている携帯ショップに行ったら、取り寄せだけど入手できました。
今は、久しぶりにマニュアルを順番に読んで使い方を覚えてるところです。前のに比べるとボタンの数も多いし、機能がたくさんで……。写メールなんて初めてだし。「最近のケータイは難しいねぇ」と、すっかりおぢさんの気分です。
でも、かわいくってかわいくって。携帯ストラップも自分で作っちゃお〜。
posted by かばここ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

「チェブラーシカ配給日記」(吉田久美子著)

チェブ好きの友人から借りちゃった。うれしい。
チェブラーシカは、元吉本興業の社員だった人がチェブのために会社を辞めて買った、ということだけは何となく知っていたのだが、いやぁ、大変な経緯がたくさんあって、それを乗り越えて、チェブちゃんを日本で公開できるようにしていただいたとは全然知りませんでした。
吉田久美子さん、名前の平凡さ(失礼!)とは裏腹に、めちゃパワフルで面白いお方です。
これは、女の人ならではのビジネスのやり方という意味でも参考になるんじゃないかなぁ。
とにかく、チェブラーシカへのとてつもない愛だけを軸に行動している人です。儲かるという匂いがすると寄ってくるさまざまな会社やおじさんたちに、激しく抵抗し続け、チェブを守ろうとする姿には惚れ惚れしてしまいます。
確かに、グッズが買いやすくなったりするのは嬉しいけど、ただのキャラクターブームになったら、終わるのも早い。そういう流れ(常識的な商売のやり方)ではないところで愛を持ってやっていく、っていう考え方に賛成!です。 ものを作るときには愛が必要だと強く思うです。
チェブカフェには行ってみたかったなぁ。チェブカフェ日記のゆるーい雰囲気も大好きです。カレーの味が毎日違うのも素敵! 何でも合理的、便利になればいいってもんぢゃないよ、ほんと!(誰に怒ってんだか)
私も関西人だけど、こういうコテコテな人になりたかったと思うこともしばしば。なぜか私は標準語が上手すぎて関西人だとは全然ばれなかったりします。つまんないなぁ。

それはともかく、チェブラーシカの映画をもう一度見たくなったので、DVDを早速注文してしまいました。楽しみ。



「チェブラーシ配給日記」は、ここでしか買えないようです。
posted by かばここ at 17:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 本(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

「お母さんという女」(益田ミリ著)

本屋さんでぺらぺらめくって、面白そうだったので買ってみた。
大阪にいる“おかん”の話が、文章と漫画がセットになって語られる。
「分かる分かる、大阪のおばちゃんってこんな感じ〜」と笑って読める。うちの実家も関西なので、似たような雰囲気はある。この本には「おばちゃんの謎」が散りばめられている。これって関西のおばちゃんだけなのか、全国的になのかは分からないのだが、けっこう共感できる人も多いのでは。
でもうちと違うのは、親へ接するときのやさしさ。益田ミリさん、お母さんにとーっても優しい。しょっちゅう帰省するし、ちゃんと話を聞いてあげるし、いっしょに旅行まで行くし。私も見習いたいと思うけど、なんか話をするのも30分くらいが限界かも。3日も実家にいると、逃げ出したくって仕方なくなる。就職したとき一人暮らしを始めたけど、家出みたいなもんだったしなぁ。まぁ、相性とかいろいろあるんだろうけど、この人はえらいな。仲良くってうらやましいかも。
後半には、ほろり、いい話だなぁ、というのも多くなる。この人のお母さんはいい人ですよ。かわいいし、やさしいし、いいキャラだし。やっぱりうちのおかんとは違う。こういう人ってずっといてほしいものです。
あっという間に読める、なかなか面白い本でした。


posted by かばここ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 本(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

「Googleの謎 アフィリエイト編」

いつもお世話になっているGoogleで、どんな仕組みで検索結果が表示されるのだろう?と思い、読んでみました。
「アフィリエイト編」とありますが、アフィリエイトに関する記述は全体の1/3くらいで、最初の部分は、最適化(Googleの検索結果で上位に表示される方法)とGoogleフリー検索機能について説明されています。
検索エンジンの仕組みについては、なるほど、と思う点が多かったです。リンクの数が重要視されているということで、ブログは内部リンクや外部リンクが多いために検索結果の上位になりやすい、など。確かにこんなブログでも、あるキーワードでは検索結果の上位に表示されるようで、ええんかいな?と思ったりしてます。本家のページより上にブログが表示されることもあるようですね。今やっているサイトについては修正した方がよい箇所がいくつもでてきて、ためになりました。
Googleフリー検索については、自分は使用していないのですが、他のページを見るときなどに参考になります。
アフィリエイトについては、特に目新しい情報はなかったですが、これから始める人にとっては、情報が分かりやすくまとまっていて良いのではないかと思います。
全体的に図や画面が多くて分かりやすく、必要な情報は網羅されている感じで、良い本だと思いました。


posted by かばここ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

サモワァールでランチ

050313-1.jpg 050313-2.jpg 050313-3.jpg

今日は寒い〜。ということで、寒い地域のものを食べた方がいいわ、ロシア料理食べよう、ととっさに思いつき、ロシア料理の「サモワァール」(サモワールじゃなくてサモワァールだった)に行ってみました。
前からお店の存在は知っていたものの、実際に行くのは初めて。
高いイメージがあったけど、ランチのコースは安かったです。1,100円で、ボルシチ、水餃子、魚介のクリーム煮みたいなやつ、野菜サラダ、ロシアパン、ロシア紅茶という豪華なものでした。
そして、どれもほんとにおいしい。ロシア料理はもちろん、パンが抜群においしい(パンにはちょっとうるさい私)。ロシア紅茶も好き。家でも紅茶にジャムを入れればいいのかなぁ。
posted by かばここ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

友人宅でお鍋

友人のおうちで鍋パーティ。クラフトワークのコピーをやっている3人&その周辺で。7人中6人がクラフトワークのライブに行ったことがあるという、おそろしい状態でした(私は余ったチケットで連れて行ってもらっただけど)。
鍋なのに、BGMはクラフトワーク。なんだか落ち着かないような。ライブ映像、コピーバンド(?)のライブ映像、YMOの秘蔵映像などを見つつ、盛り上がりました。
サラダ、オードブル、お鍋2種類を大変おいしくいただきました。しかし、肝心のお鍋の写真は撮っておらず、写真はケーキのみ。

050312.jpg

大平台の「ボンボニエール」というケーキ屋さんで買ったかわいいケーキです。

その後も1時半までお喋りは続きました。おもしろくってげらげら笑ってたんだけど、いろんな話を聞いて、会社で働き続けることは大変だなぁと改めて感じました。無理難題を押し付けられたり、とーってもイヤ〜な人がいたり。そんな環境で頑張って人は成長したりするんだろうけど、それにしてもねーって感じで。どうしたらいいんだろう?
posted by かばここ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

CROUTEのパン

050310.jpg

いつもはパン焼き機でくるみレーズンパンを焼いているのだが、面倒だったので近所の「CROUTE」(クルート)というパン屋さんに行ってみた。たぶんドイツ系パンのお店で、けっこう有名である。前に行ったときには品数が少なくて、あまり買えなかった。なのでそれ以降行かなくて、普段は「サンマルク」の方で買っていた。しかーし、今日行ってみたら、たくさんの種類のおいしそうなパンが並んでいるではないか。がーん。前のときは、きっと閉店ちかくの時間だったのね。それに高いと思い込んでいたけど、そんなことはなかった。
この写真のパンとお菓子パンを1つ買って、さっきお菓子パンを食べてみたけど、とーってもおいしかった。良いではないですか、このお店。浜松にはおいしいパン屋さんがあんまりないと普段嘆いていた私が悪うございました。とっても近くにありました。灯台もと暗し? これからは、ウォーキングがてら、お昼のパンを買いに行こうと思う私でした。
ちなみに、このお店、以前は駐車場がなくて、いつも店の前に車が1、2台とめてあって、店には「路駐しないでね」と貼り紙がしてあったと思うけど、ついに駐車場ができたようです。お店の向かいの駐車場に3台分。これで安心ですね。私は徒歩で行くんだけど。
posted by かばここ at 16:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

マクラメビーズ

050309.jpg

他のことをやってて手芸の方は最近やってないのだが、手芸屋さんが20%オフのセールをやっていたので、ついたくさん買ってしまう。
前回ヘンプのひもが入荷されていたのに続き、この日はマクラメビーズが置かれているのを発見。
ひもが6本くらい通る穴があいたビーズがなかなかないので、またネットで買わなければと思っていたから、うれしい。
1個7円とかでさらに割引だから、大人買いしてやるぅとばかりに買う。びんをごっそりレジに持っていって「全部20個ずつお願いします」と言うと、3人がかりでびんから20個ずつ取り出してくれる。安いわりには手間ばかりかかってすみません。
作品よりも材料ばかりが増えていくこの頃です。
posted by かばここ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

ふたつけルン

生ゴミ受けを買うのといっしょに、「ふたつけルン」(大)というものも買ってみました。名前の「ルン」がイカシてます。

futa.jpg

こういう構造になって、ふたが3つに分かれています。お米の袋に使ってみたのですが、まず、お米のビニールの袋を小さく切り、1つをその中に入れます。その次に、ビニールの上からもう1つのパーツをねじってはめます。最後にふたの部分をつけます。

050308.jpg

こうすれば、お米を出すときには、ふたを取ってジャーッと流し込めばいいだけになります。あら、これはけっこう便利。今まで米びつは虫が湧きそうと思って使ってなくて、毎回ビニール袋を開けてカップですくい、袋を結んで閉じていたのですが、ちょっと時間短縮っぽいです。でもお米の場合、袋を持ち上げて傾けるのが、重くてちょっと大変。劇的に改善!というほどではないです。
でも、小タイプもあるし、用途によってはかなり便利ではないかと思われました。アイディア商品ですね。
posted by かばここ at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生ごみ受け

純銅製のゴミ受け 深型

私はナマケモノなので、流しの下のゴミ受けを毎日お掃除するということができませんでした。生ごみは流さないようにしていたし、と言い訳して。(でも少しずつごみがたまるのであった。)
たまにやると“うへー”となるので、この「流しの生ゴミ受け 純銅製 浅型」というものを買って使うことにしました。
これなら毎日目に見えるので安心。さすがの私でもちゃんと毎日処理するようになりました。 古布でぬぐうだけでたまったゴミがとれるので、簡単です。今まで黒いゴムで覆われていたのがいけなかったんだわ、きっと。というわけで円満解決しました。
posted by かばここ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

イエローマジック歌謡曲

イエローマジック歌謡曲
オムニバス

by G-Tools


細野ファンのダンナが買ってしまった「イエローマジック歌謡曲」。このジャケット、かなり許せない感じです。ひどい、ひどすぎる〜。
YMOの3人(といっても教授、細野さんがほとんど)が関わった歌謡曲が55曲も収録されています。中には、どーでもいいような曲もあります。
が、私としては、好きだったのにCDでは出ていなかった「三国志ラヴ・テーマ」(歌入りのやつ)が入手できてうれしいです。それだけで「買っちゃえば?」と言ってしまったくらい。iPod Shuffleに入れちゃおう。
「コンピューターおばあちゃん」もよかったです。
あと、「風の谷のナウシカ」。かなりの名曲だと思うんですが(サビの前のとこが好き)、安田成美の歌が下手なのが残念ですね。昔、ザ・ベストテンで生で歌っているのを聴いて、とてもたまげた記憶があります。中島美嘉とか平原綾香あたり、カバーしていただけないでしょうか。お願いします。
「ハイスクールララバイ」「ティアドロップ探偵団」のイモ欽トリオも、すごい。歌はひどいなぁ。長江健次の「なぁーっ」も聞けます。
たぶん他にも聞きどころ満載です。柏原よしえの「しあわせ音頭」とか。曲提供側も歌う方も、仕事を選べよ、とつっこみたくなります。
でも全部をちゃんと聴くことはないであろう私でした。
それにしても、細野さんって自分の作品に執着の無い潔い人ですね。がんばってCD化しようともしないし、セルフカバーなんて絶対やらないし(聴いてみたいけど)。
posted by かばここ at 17:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

ラズベリーテラス

050305-1.jpg 050305-2.jpg
またラズベリーテラスへ行ってしまいました。やっぱりおいしい。絶品でした。
たぶん左が「春野菜とアサリのパスタ」、右が「春野菜のクリームリゾット」みたいな名前のメニューです。
posted by かばここ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

ヘンプ

ヘンプ作りたい気持ちはあるのだが、今はホームページリニューアルに取りかかってしまい、なかなかやってない(仕事をしてないくせに、どうして忙しいんだろう?)。
とりあえず、最近作ったのを2つ載せてみます。

050304-1.jpg

これは、前に作ったチョーカーの色違い。前は(細)タイプで編んだけど、安定感が欲しくて(中)タイプのにしてみました。チョーカーとしてはやっぱりこの方がいいです。これも、先輩の作ったトンボ玉が美しくってうっとりなんだけど、もしかしてこのとんぼ玉の美しさを生かせてないかも?という気もしてます。
黒いひもなんかの方がいいかも(また買わなきゃ)。皮ひもに通してシンプルにする方がいいようにも思うし。そのうち、がんがってみます。

またヘンプの新しい本が出ていて、当然買いました。
「ヘンプの手作りアクセサリー―麻ひも」(ブティック社)

今までの本になかったような、ビーズを組み合わせたアクセサリーが多くてお勧めです。
この中に載っている、左右結びにビーズをつけたブレスレットを作ってみました。

050304-2.jpg

今までのは「きつくしっかり編む」って感じだったけど、これはほわほわしてて、ヘンプでもこういう感じにもなるのね、とちょっとびっくり。色の違う2本のひもを組にして編んでいくというやり方は初めて見たような気がします。このやり方、他の編み方でも使えるかもかも。
posted by かばここ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

DIVO・DIVAでディナー

050303-1.jpg 050303-2.jpg

蜆塚の「ディボディバ」というイタリア料理のお店で、友人とディナー。
このお店にはランチに一度来ただけだったが、その時とっても美味しかった。そんなにあちこちで宣伝しているようなお店ではないので、隠れた名店を発見!と思ったものです。
今回はディナーに初めて行ってみた。3,990円のコース料理にしたけど、どれも絶品。特にアンティパストのお魚(名前忘れたけど)、あさりのパスタ(ソースがおいしくって、がんがんパンをつけてしまった)、パン(バターがなくてもこんなにおいしいとは!)、セロリのアイスクリーム(この味何だっけと思ったら友人が気付いてくれた、セロリのアイスなんて初めてだけどさっぱりおいしい)。雰囲気も家庭的でいい感じだし、本当にごちそうさまでした。
友人はもうすぐ会社を辞めるということで、残念ではあるけれど、「会社を辞めたらやりたいこと」なんかについていろいろ話した。会社を辞める前って「辞めたらあれして…これして…」と考えるのが楽しいもんね(2回経験あり)。友人のやりたいことの一つ一つがけっこう細かくって…。あーおかしかった。まぁ、辞めたらいっしょに遊びましょうねっ。
ちなみに私が最初に会社を辞めた後には、「ドラクエの1から6までを制覇する」ってのをやってみた。
あほやね。ゲオをめぐって中古を買い集めたものです。確かドラクエ4はスーパーファミコンだったので、わざわざハードまで買った。2ヶ月くらいはやってたと思うけど、続けてやったせいで、4、5、6なんかは、どんな話だったかすっかり忘れてしまった。ていうか、やってる最中から訳が分からなくなってた。というわけで、こんなことはお勧めしません(誰もやらないっちゅーの)。
posted by かばここ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

チェブラーシカ


チェブラーシカ
ウスペンスキー

ミトン チェブラーシカ チェブラーシカ 新訳 チェブラーシュカ―ワニのゲーナとおともだち チェブラーシカの生みの親 レオニード・シュワルツマン原画集

by G-Tools


今日メイワンをぶらぶらしてたら、ソニプラでチェブラーシカTシャツを発見。うゎ、どうしよう、買うべきかしら?と、どきどきしちゃいました。

チェブラーシカは、ロシアのアニメ。上記画像のようなヤツです。DVDにもなってます。映画館で見たんだけど、かわいすぎて、かわいすぎて、もうどうしようもないんです。ストーリーも登場人物もチェブの表情も、すべてツボにはまってしまいました。チェブちゃんの眉毛がほとんど縦になろうかというところもたまらんです。

チェブちゃんの公式ホームページは、こちら。ここでもグッズが売られてるんですよねー。どれもかわいくって。いつか絶対買ってやるぅ。似合うかどうかなんて関係ないもんね、と思っております。でも、特に「しりあがり寿チェブタンクトップ」が気になってるのですが、こればかりはさすがに無理かなぁ。

その横には、大好きなディックブルーナ様のブラックベアTシャツまであって、これまた感激。
あぁ、悩ましい…。
posted by かばここ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。