2005年04月30日

「トラッカー」(トム・ブラウン・ジュニア著)


トラッカー―インディアンの聖なるサバイバル術
ジュニア,トム ブラウン Tom,Jr. Brawn 斉藤 宗美

グランドファーザー ハンテッド〜足跡鑑定のプロフェッショナル トム・ブラウンの事件ファイル Tom Brown's Field Guide to Wilderness Survival (Survival School Handbooks / Tom Brown, Jr) Tom Brown's Field Guide to Nature Observation and Tracking (Tom Brown's Field Guides) 俺の心は大地とひとつだ―インディアンが語るナチュラル・ウィズダム〈2〉

by G-Tools


著者は7歳のときから10年間、親友の祖父であるアパッチ族の古老ストーキング・ウルフより森で生きる知恵を学び、動物の足跡を追跡したり、自分の足音や気配を消して動物に近付いたりする技術を身に付ける。その後10年間アメリカ国内を放浪してから、行方不明者の捜索で名を知られるようになった。彼の子どものときからの体験を綴ったのが本書。
インディアン(ネイティブ・アメリカン)好きの私にはたまらない話で、長い物語だったが面白かった。
カスタネダの本はオカルティックで面白いが、こちらはそういうオカルトっぽさをなくしたような本である。神業に思えるようなことも、このような訓練を積めば可能なんだと思える。動物や人の足跡を追跡するなんてどうやって?と想像することさえ難しいが、少年の頃からこのように森で生活していれば、それくらいの境地へは達するだろうと納得できる。それらのさまざまな経験と共にであれば、精霊や前兆の話がでてきても何の不思議もなく、自然に感じる。
私が今からそんな体験をするのは無理だが、こういう世界のお話を読めるのはワクワクするし、ほっとするし、とてもうれしい。
良い話だった。最後の章で知的障害の男性を捜索する話には、ほろり(涙)。
それにしても、ネイティブ・アメリカンの賢者の最後の教えを本にして世の中に広めるのは、なぜか欧米人のようだ。カスタネダもしかり(ほんとはペルー人だけど)。
やはり、純粋なネイティブアメリカンの場合は何も疑問に思わず言葉にできず、逆に異文化で育った人が体験して初めて書き記せるものなのだろうか。
他にも多くあるであろう豊かな知恵の伝承が内部では文書化されず途切れてしまっていることは残念である。
この著者の他の本も読んでみたいと思う。(でも読みたい本のリストには600冊もの本が並んでいる。読めるのはいつになるやら。)
posted by かばここ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

ヘンプのブレスレット

bracelet-A.jpg bracelet-A2.jpg

「ヘンプで作ろう!ブレスレット ミサンガ」の作品no.20を作った。
元々の「グリーン段染」の色がかっこよかったけど、持ってないので「ローズ段染」を使った。
芯入り丸四つだたみと平結びを作って、最初と最後は合わせるという、教えてもらわないと自分では気付かないテクニック。「ナチュラル」と「ピュア」で作る芯入り丸四つだたみが、地味だけど意外にきれいだった。
このブレスレットは、平結びの方を巻き付ける回数がどうも少ないようだ。本当はもっとくねくね巻き付くはずです。
posted by かばここ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

トンボ玉体験

トンボ玉を作ってる先輩がトンボ玉教室を開いてくださった。
私は前にカルチャーセンターのトンボ玉講座を見に行ったが、難しそうで「こりゃ無理だ」と早々にあきらめたくらいなのだが、別の友人が「ぜひやりたい!」とのことで、ついでに参加させてもらった。
まずは、とんかつ屋さんで腹ごしらえ。

katsu.jpg

3人で7000円を目標にしたので(そうすると半額だったのです)、豪華です。食べ過ぎました。
その後、先輩のおうちでトンの撮影会。かわええ〜。でも豚をたべて来たばかりだった。

ton.jpg

で、肝心のトンボ玉体験。まずガラス棒の多さにびっくり。透き通ったのと不透明なのもあるし、何色あるんだろうってくらい。ガラス棒を見てるだけでかなり幸せ。昔クーピーの40色くらいあるのを買ってもらったときの幸せを思い出した。
まずガラス棒で色を選ぶ。先輩が今まで作ったトンボ玉を参考にしながら(これが100個以上もあるのです!)。これは楽しかった。
そして、まず先生が見本を見せてくださる。この人はいきなりバーナーを買って独学でやっちゃったという尊敬しちゃう人なのです。とっても分かりやすく教えてくださる。注意点などもいろいろ。なるほど、こうやって作られてたんだーと作り方が判明して面白い。
しかし実際にやってみると、一度に一つのことしか集中できなくて、いつの間にか棒が傾いてトンボ玉が崩れる〜、線をひっぱるとめり込む〜などと、やっぱりうまくはいかない。
でも難しいけど面白いかもかも。それに楽しいかも。ガラスが飛び散りまくるのを想像してたけど、お教えどおりにやるとそうでもないようだし。はまる気持ちが分かりました。
私は細かい作業は向いてないんだよなー芸術的センスもないし、ってことで諦めてましたが、気持ちが揺らぎました。

できた作品はこんな感じです。棒を平行に持ってなかったせいで重力に負けて形はぼろぼろですが、色はきれいだし、模様もそれなりに満足。何と言っても自分で作ったものには妙な愛情が湧きます。端っこのとがったところをサンドペーパーで磨いたら、なんとか使えそうです。
右側のは早速ヘンプでストラップにしました。形がいびつでもこれならいいかな。

tombo.jpg strap-blue.jpg

初心者の私たちがいきなり作品を作らせてもらえるなんて、これも先輩のおかげ。何十個(何百個?)もの試行錯誤の末にたどり着いたコツをあっさり教えていただき、そして離型剤つきの棒も細いガラス棒も全部用意していただいて、本当に感謝です。どうもありがとうございましたっ。べこり。今後の作品も期待してます。
posted by かばここ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

サーランギライブ

roba.jpg

萩丘のロバの耳で、シタール+サーランギ+タブラのインド音楽ライブへ行く。
4/9にオープンしたというこのお店は、雰囲気が素敵で料理もおいしかった。
そして、演奏は素晴らしかった。
2人あるいは3人だけで、もうインドの世界が広がるのがすごい。
さすがみなさん本場仕込みの技で、聴くというより演奏のしかたに見入ってしまった。シタールは、いろんな音がする。サーランギは事前に楽器については教えてもらってたので、その奏法と音の広がりに感動。
インド音楽については、変拍子がとてつもないし、楽譜もないと言うし、曲の構成やリズム、メロディーの合わせ方など謎だらけで、さっぱり分からない。
でも2時間気持ちのよい音楽を聴けて、とても幸せでした。素晴らしい演奏に感謝。
ただ、写真は料理しか撮ってなかったのが悔やまれる。
posted by かばここ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

岡本敏子さん

今朝「敏子さんが亡くなった」というダンナの声で起きた。
びっくりした。まだ79歳でお元気そうだったのに。
4/9には糸井重里氏と川崎でトークイベントもされてたはず。
先週は著書「奇跡」を読み、深く感動したばかり。
青山の岡本太郎記念館に行けばまたお会いできるかな、と思っていたのに。
岡本太郎亡き後も、「敏子さんがいるから大丈夫」と、一般人の私が思ってしまうほど不思議な安心感を与えてくれる人だった。
本当に悲しい。
起きるときにふと「それで昨日は雨だったんだ」と思った。
ご冥福をお祈りします。
posted by かばここ at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

ヘンプのネックレス

necklace-C.jpg necklace-C2.jpg

以前作ったネックレスの色違い版。
前は「グリーン」だけを使ってたけど、今回は「パープル」と「ローズ段染」。段染めの色の出具合によって、だいぶ印象が変わりそう。一度ひもを切って用意したけど、片方だけピンク色が入ってなかったので、ひもを切り直した。
色を変えるだけで雰囲気ががらっと変わるので、とんぼ玉を眺めながら持っているヘンプを全部出してどれを使うか頑張って考えたりする。今のところ無難にとんぼ玉の色を使ってるけど、意外ないい組み合わせもあるんだろうなぁ。
ヘンプのひもは全色集めたくなってしまう。まだ一度も使ってないやつもあるんだけど、気にしなーい。
posted by かばここ at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

ヘンプのネックレス

necklace-B.jpg necklace-B2.jpg

これは、輪結びを交互に違う色でやっただけのネックレス。
適当に考えて作ってみたけど、デザインが単調だったような気がする。反省。
でもトンボ玉はハートの柄にいぼいぼがたくさんついてて、キュートなんです。
posted by かばここ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

「奇跡」(岡本敏子著)


奇跡
岡本 敏子

恋愛芸術家 いま、生きる力 岡本太郎に乾杯 太郎さんとカラス 岡本太郎の本〈5〉宇宙を翔ぶ眼

by G-Tools


5年ほど前から岡本太郎のファンになった。「今日の芸術」を読んだのがきっかけだったような気がする。そう言えば太陽の塔が大好きで、車で通学してるときに途中に見えるのが嬉しくていつも見ていた。ファンになってからは青山と川崎の岡本太郎記念館にも行った。
そして岡本太郎もすごいが、敏子さんという人もずっと気になっていた。最近の敏子さんの喋り方を見ていると岡本太郎がのりうつってるかのようだし、「岡本太郎は死んでも、そこにもここにもいるのよ」というような発言にびっくりした。最愛の人を失ってもそんなふうな形で愛し続けられるものかと。
その鍵はこの本にあるのではないかと思い、読んでみた。この小説は、敏子さんが77歳にして初めて書いた小説である。
これはもう完全に岡本太郎と敏子さんの物語である。細かな設定などは変えられているけれど、羽田健介のセリフは太郎の言葉に聞こえてくる。それで内容は結構えろえろなのである。そういう小説とは思っていなかったので、きゃぁ、きゃぁって感じで読み進んだ。(でもいやらしくないっていうか、正しいえろっていうか、そんなんです。よくわかんないけど。)
主人公の笙子を愛する健介(=太郎)の描写では、太郎の別の(一般的に知られていない)一面が明らかになって、彼の男らしさ、優しさ、繊細さ、大胆さが分かって興味深いが、私としては笙子(=敏子さん)の描写の方に感動した。敏子さんのエッセイ「恋愛芸術家」でも敏子さんの恋愛観に「ははーっ、参りました」と思ったが、笙子はそれを小説で表したような人である。小説の中で彼女はモテモテで何人もの男から言い寄られ、こんなのありー?とも思うが、生きていく中で起こる様々なことについての彼女の考え方、男の人の受け入れ方などは、さり気ないが、やはりすごいと思う。大らかで寛容で優しくて強くて。本当の女らしさはこういうことよ、と敏子さんは書きたかったんだと思う。
本を読んだ後、自分のこれまでを振り返り、ラブリー体験なさすぎで、大事なことを忘れたまま来てしまったような悲しい気持ちになっちゃうくらいでした。

ところで、だいぶ前ですが青山の岡本太郎記念館に行って絵を見ていたら、敏子さんが現れ声をかけてくださり感激でした。
それから敏子さんの若い頃の写真を見たことあったけど、とってもおきれいで、小説の中の笙子のイメージでした。
posted by かばここ at 14:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 本(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

浜名湖グリーンファーム

greenfarm.jpg

ヒマだったので、浜名湖グリーンファームというところに行ってみた。
行く前にホームページを見たら、すごかった。
http://www.greenfarm.ne.jp/
ホームページがパラダイス化してます。訳わかりません。
バックの色が変わっていくのは何なんでしょう。地図に「通り過ぎ易いので注意!」とありますが、目立つ看板を立てればよいのでは?などと思ってしまいます。

花博で出店されてたときによく食べてたカムカムソフトクリームをいただく。これは相変わらずおいしい。他にもフルーツを混ぜたソフトクリームというのがあり、その場でフルーツが専用マシーンに入れられてソフトクリーム完成という画期的なものだった。業務内容を見ると「フルーツをまぜ込むソフトクリーム店の開業のお手伝い」もされてるようです。
ショップもあるし、今年4月から入園料が無料だし、損はしませんよ。
posted by かばここ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

サーランギを聴かせてもらう

Mさんはなんとサーランギという楽器を習い始めている。サーランギやってるのは日本で数人らしい、という超マニアックな楽器。
話だけではよく分からなかったけど、実物を見せてもらって感動。
インドの弦楽器で弦が38本(弾くのは3本で、他は共鳴弦)もある。それをちゃーんとチューニングしなければいけない、ってだけで気が遠くなりそうだ。もうペグだらけ。
バイオリンみたいな弓で弾くんだけど、左手の指を正しい音の位置にしないと共鳴が起こらない。でも共鳴していろんな音が鳴ると、とーっても不思議なきれいな音がする。
楽器自体かわいくって、愛せちゃう感じだった。
でも、爪がはがれたり、指の背の部分にまめができたり、ひたすらスケール練習しないといけなかったりして、むちゃくちゃ意志が強くないとできない楽器なんです。私は「いいなぁ」と思うだけで退散する感じ。
今度サーランギの先生のライブがあるというので楽しみ。

そしてずーっと話は尽きず楽しかった。
赤くて美しいとんぼ玉もいただてしまった。

red-glass.jpg
posted by かばここ at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酵素風呂に行く

蜆塚の酵素風呂屋さん「咲蔵」(さくら)へ4年ぶりくらいに行った。
近所だし、5年ほど前にけっこう行って回数券も買ってたんだけど、なぜか行くのを忘れてた(?)。
予約の電話をしたら、営業時間が13:00からに変わっていたけど、「酵素風呂→ランチ→うちでお茶」の予定だったので、11:00からお店をあけてもらっちゃった。すみません。
ひのきのおがくず+たっぷりの酵素で自然発酵された中に埋められる。ぽかぽかあったかい。10分ほどで汗がどばーっと出てくる。そうそうこの感じ…と思い出してくる。
初心者は15分くらい、慣れてきたら30分くらいが目安なのだが、貧血になりがちな私は20分くらいで出てしまった。いっしょに行ったMさんは初めてだったのに30分くらい埋まってた。やっぱり根性が違うわ。
ちなみに、料金は1回2500円、3人だと5,000円、10回回数券20,000円でした。
浜松で他にも酵素風呂屋さんあるのかな。他のところも行ってみたい。
posted by かばここ at 23:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

ヘンプのネックレス

necklace-A.jpg necklace-A2.jpg

「すてきなヘンプアクセサリー」の作品39をアレンジして作った。
途中の四つ組の部分を変え、ビーズを入れて平結びにしてみた。穴の大きいマクラメビーズはけっこう便利。これは太さ中の芯を4本使っていて、4本全部はビーズの穴に通らなかったものの、2本を中に入れて2本で平結びするというやり方にした。
トンボ玉は先輩のお手製。水色と中の模様が美しいです。ビーズとひもの色はこのトンボ玉に合わせた。無難な感じにまとまったけど、ビーズがアクセントになってるかな。
このネックレスでは、結びひもを必要なところだけに使っている(色を使うときだけ結びひもをくくりつけて、終わったら玉留めの後にカットしている)。このやり方の方が、結びひもの長さを計算しやすくてよいかも。いろんな結び方をしていくときは、あらかじめ必要な長さを足して計算しないといけないけど、この方法だとその部分のことだけ考えればいいので楽ちん。それに、結びひもをビーズやとんぼ玉に通す必要もなくなるので、とんぼ玉を使うときには助かります。
posted by かばここ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

テレカ処分

もうすぐテレホンカードが使えなくなる、と聞いて、家の中を探したらテレカは10枚もあった。でも調べてみたら、使えなくなるのはICテレホンカードのことだった。どうしよう?
でも携帯があるからもうテレカを使うことはないので、やっぱり処分しちゃおう。駅前の金券ショップで聞いてみたら、現在買い取りはしてないとのこと。ネットでも換金してくれるところもあったけど、面倒なので寄付することに。
過去の自分も捨てるつもりで、ずっと取っといてたテレカも手放してみようとおもいます。

kiyooki.jpg

これは、20年近く前に大好きだった、阪神の中西清起投手のテレカ。初おっかけしたのは、この人かな。阪神優勝で浮かれていた1985年。その次の年は、甲子園での自主トレまで見に行ってました。「月刊タイガース」も「週刊ベースボール」も毎号買ってました。「週刊ベースボール」の発売日を楽しみに待ってた私って、どれだけヒマだったんだ?
サイン色紙も持ってたけど、実家に置いたまま、引越で捨てられてしまったかも。

top-ten.jpg

これは、某アーティストのファンをやってた時代に、「歌のトップテン」にリクエストはがきを送り続けていたら、当たった。紳介の写真が若い。和田アキ子は今と変わらないなぁ。

best-ten.jpg

ついでに。「ザ・ベストテン」で当たったジグソーパズルもあります。こういうのって、どうしたらいいんでしょう? 
このアーティストに関しては、メンバーが着ていたTシャツ、紅白に出たときに使ったポケットチーフなんかも当たりました。しかも本人からの手渡しだったりして、うっとりしたもんです。遠い思い出……。
以上、ミーハーだった過去でした。
posted by かばここ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

「ジュンパ・ラギ」(高沢栄子著)

ジュンパ・ラギ また会いましょう



海外青年協力隊としてマレーシアの小さな村で2年間暮らした体験記。1991年に出版された本。
高校の頃海外青年協力隊に憧れていたというのと、インドネシアが気に入って3回行った(マレーシアと言葉が同じものが多い)というのがあって読んでみた。
文章は読みやすいし、著者は好奇心旺盛で面白い体験談が豊富で、さくっと読めてしまった。
それほど驚くような話というわけではないが、心温まるエピソードがたくさん。
しかし、西原理恵子の鳥頭紀行をたっぷり読んでしまった今となっては、インパクトと感動が薄かった(この著者のせいではありません、すみません)。サイバラの描くアジアが強烈過ぎなのがいけないんですね、きっと。このテの本、もうふつうに読めないかも。ま、いいか。
posted by かばここ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

「時間の節約生活」(あらかわ菜美著)

聡明な女性の時間の節約生活―1日が24時間プラス2時間に変わる!
あらかわ 菜美



いつも時間が足りないと思っている私。働いているときは仕事があるから忙しいと思ってたけど、仕事を休んでみても、相変わらず時間が足りない。1日50時間くらい欲しいと言ってた人がいるが、全く同感。そんなわけで、こんな本を買ってみた。
時間を有効に使う方法、アイディアがたくさん載っていたが、すでに実行していることもあったし、直接私の時間の使い方に影響を与えてくれそうなことは書かれてなかった。むしろ、別のやり方で他にも工夫しているつもり。
ムダな時間が多いのは分かってるんです。ネットやったりする時間とか。でもなかなか減らせないのです。興味が湧いたことは調べまくらないと気がすまないし。次から次へと興味のあることはでてくるし。
まぁけっこう楽しく暮らしているからいいか(いいのか?)。
根本的な考え方が変わらないと、こういう本を読んでも意味がないなと思った。これからは、むやみにこのような本に手を出すのはやめよう。
ところで、10年ほど前大阪にいたとき、近所で評判の人に手相をみてもらったことがある。そのとき「一生忙しい忙しいと言って暮らす」と言われた。当たってるかも。今さらじたばたしてもしょうがないのかな。
posted by かばここ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

夜桜

sakura.jpg

昨日、はままつフラワーパークに夜桜を見に行った。
18時以降に入れば、入場料は半額の400円とお得。駐車料金も200円だし。
桜がほぼ満開できれいだった。園内のあちこちに桜がある。大好きなしだれ桜もあった。ハナモモも美しかった。チューリップも大量にあったけど、夜見てきれいなのはやっぱり桜ですね。
ただ、ライトが工事現場にあるようなもので、ところどころまぶしすぎるし音もうるさいのが残念。ライトアップに凝れば幻想的な夜桜になったと思うけど、全くライトがなくても桜だけのパワーで十分美しかった。
花博以降来場者が減ってしまったフラワーパークだけど、この日は人が多い。他の時期に来たことないけど、1年でいちばん多い季節なのでは。
屋台コーナーが去年よりもおっきくなって、そこだけ人がわんさかいた。花より団子ですな。ごはんは外に食べに行くことにしたので、桜湯だけいただく。桜の塩漬けをお湯にいれたようなもの。100円。安い。ちょっとしょっぱかったけど、桜餅のようないい香りだった。
posted by かばここ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

「昔の女性はできていた」(三砂ちづる著)


昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力
三砂 ちづる

女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操 オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す パワー・オブ・タッチ わたしにふれてください 高岡英夫のDVDでゆる体操

by G-Tools


昔の女性は何ができていたかというと、なんと「月経血コントロール」。出血をためておいてトイレでまとめて出すというのです。驚愕の事実。しかもたった3世代ほど前、今90代の女性でできていた人もいるのです。
ああ、ほんとに何と言うか、びっくりしました。
確かに、そう聞いたら「できるかもしれない」とは思うのですが、そんなこと想像したこともありませんでした。
昔の人は着物を着ているときに下着をつけてなかったのにどうしてたんだろう?という疑問も解けました。
骨盤底筋をきたえて体のセンターを意識するというやり方で、訓練すれば今の人もできるようになるそうです。その「大和撫子のからだづくり」という講座を受けた4人の女性の体験談も載っています。
整体をやっていると体の内側も意識できるようになると聞き、なるほどなぁとは思ってましたが、これも同じことかも。
読んだ直後は、この講座受けてみたい!東京まで通ってもいい!とまで一瞬思ってしまいましたが、まずはそのやり方が載っている「女は毎月生まれかわる」を読んでみたいと思います。でも本屋さんにないので、図書館で予約中。ネットですぐに買うべきか?
posted by かばここ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

よしもとばなな


よしもとばななドットコム見参!―yoshimotobanana.com
よしもと ばなな

子供ができました―yoshimotobanana.com〈3〉 こんにちわ!赤ちゃん―yoshimotobanana.com〈4〉 赤ちゃんのいる日々―yoshimotobanana.com5 日々の考え 王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法

by G-Tools


yoshimotobanana.comで2000年から公開している日記とQ&Aをまとめた本を2冊読んだ。このシリーズはすでに5冊ほど文庫になっているようだ。
特にファンというわけでもないが、何となく気になり、読んでみた。
内容というか、人と会う回数と外食(それもおいしそうなものばかり)の多さに、まずびっくりする。こんなに食べて飲んで忙しくしていても、人は大丈夫なものなのね。もしかして、一人でいるのが嫌いなのか?
小説を書く時間はどこにあるのかと思う。実際には徹夜しているみたいだけど、タフな人は違うなぁ。犬、猫、カメも飼ってるし。
それに、これだけ長文の日記も書くの大変だろうと思う(ブログを始めてから特にそう思えるかも)。読んでも、あまり役に立つことや共感することは少ないのだが、不思議と日記の続きを読みたくなる。何を求めてるんだ、私は? 子どもが生まれてからの日記も気になるなぁ。たぶん読んじゃうと思われます。
店を褒めたりけなしたりが激しくて、「店にうるさい、弱い。前世はお店だったかも。」というような文章に妙に納得してしまった。きっとそうなんでしょう。
posted by かばここ at 12:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 本(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

ブログ分割しました

今まで書いてた健康関係の部分を別ブログにしてしまいました。
他の日記とは内容が違いすぎるので。ややあやしいですし。
posted by かばここ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

「パーク・ライフ」(吉田修一著)


パーク・ライフ
吉田 修一

パレード 熱帯魚 最後の息子 聖水 春、バーニーズで

by G-Tools


2002年芥川賞作品。図書館に行って何となく借りてみた。
「パーク・ライフ」は日比谷公園を中心に繰り広げられるお話。主人公の男性がなかなか素敵。
男性同士の付き合いや、地下鉄で知り合った女性との距離感が新鮮な感じ。
日比谷公園に行ったことが無く、ちゃんとしたイメージを描けないのが残念。でも都会ならではの話ですね。宇田川夫妻のんこと、ひかるとの関係、公園の女性との今後など、すべて曖昧で終わっているのだが、どうなるんんだろう?
収録されていた「flowers」も面白かった。こっちの話の方が入り込めたので、どんどん読んでいけた。男にしか書けないような小説だと思った。
-
posted by かばここ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。