2005年01月24日

福砂屋カステラとうなぎパイ

カステラとうなぎパイ

明日遊びに行く名古屋の友人への手みやげを買いに、駅前まで歩いた。
キルフェボンのケーキを持っていきたいところだが、明日の開店前には電車に乗らないといけないので、あきらめる。サンラファエルのシュークリームもいいなぁと思うが、これも開店前で間に合わず、残念。
焼き菓子などを求めて、浜松唯一のデパ地下がある遠鉄デパートへ。
1点は、浜松っちゅうことで「うなぎパイ」。私は食べ慣れてしまい、特に好きというわけでもないのだが、実家の母と妹は大好きで、帰省のたびに「買ってこい」と言われる。
もう1点は、なぜか「福砂屋のカステラ、おらんだ」にしちゃった。ココア風味のカステラにレーズンとくるみが入っていて、超うまい...はず(5年くらいは食べてないので)。いつでも買えるはずなのに、なかなか手が出ない一品だ。
中学生のときの修学旅行で長崎に行ったとき、みんなで福砂屋に殺到し、売り切れで買えなかった思い出があり、「貴重なもの」と刷り込まれてしまってる。
てなわけで、テーマは「浜松と長崎」になりました。明日が楽しみ。
posted by かばここ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1694353

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。