2005年02月22日

リサイクラー

生ゴミを高温で乾燥処理するリサイクラーを使って2年半くらいになる。
使用しているモデルは、ナショナル 生ごみ処理機「リサイクラー」 MS-N36

ナショナル 生ごみ処理機「リサイクラー」 MS-N36-G

これも、らでぃっしゅぼーや(1/27に書いたものはこちら)を紹介してくれた友人のお勧めで、でも少し高いので迷っていた。夏になってようやくふんぎりがついた。
リサイクラーを使ってみると、生ごみ処理から解放され、快適である。野菜の切りくず、卵の殻、お茶の葉っぱ、魚の骨、果物の皮や種などを安いアルミ鍋(100円)に溜めておいて、鍋にいっぱいになったらリサイクラーへ。だいたい週4、5回くらい使っている。2時間弱で乾燥処理が終わる。処理の終わった、元生ゴミの匂いは、香ばしくていい匂い。全然くさくない。

050222-1.jpg → 050222-2.jpg

ただ、処理中の音と匂い(ゴミの匂いではなく機械が高温になる匂い)が少し気になるので、普段使っていない部屋に設置している。乾燥処理を行うとかさは減るので1〜2週間は続けて生ゴミを入れていく。たまったら、ビニール袋に入れて、らでぃっしゅぼーやの配達がある日に引き取ってもらう。うちはマンション住まいで堆肥ができても使い道がないと思っていたが、引き取ってもらえて、それを農家の方に使っていただけるシステムがあり、よかった。
おかげで、ゴミを出すのは週1回で十分にもなった。盆や正月も安心。
というわけで、大変気に入って使っております。
posted by かばここ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2080068

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。