2005年03月16日

「チェブラーシカ配給日記」(吉田久美子著)

チェブ好きの友人から借りちゃった。うれしい。
チェブラーシカは、元吉本興業の社員だった人がチェブのために会社を辞めて買った、ということだけは何となく知っていたのだが、いやぁ、大変な経緯がたくさんあって、それを乗り越えて、チェブちゃんを日本で公開できるようにしていただいたとは全然知りませんでした。
吉田久美子さん、名前の平凡さ(失礼!)とは裏腹に、めちゃパワフルで面白いお方です。
これは、女の人ならではのビジネスのやり方という意味でも参考になるんじゃないかなぁ。
とにかく、チェブラーシカへのとてつもない愛だけを軸に行動している人です。儲かるという匂いがすると寄ってくるさまざまな会社やおじさんたちに、激しく抵抗し続け、チェブを守ろうとする姿には惚れ惚れしてしまいます。
確かに、グッズが買いやすくなったりするのは嬉しいけど、ただのキャラクターブームになったら、終わるのも早い。そういう流れ(常識的な商売のやり方)ではないところで愛を持ってやっていく、っていう考え方に賛成!です。 ものを作るときには愛が必要だと強く思うです。
チェブカフェには行ってみたかったなぁ。チェブカフェ日記のゆるーい雰囲気も大好きです。カレーの味が毎日違うのも素敵! 何でも合理的、便利になればいいってもんぢゃないよ、ほんと!(誰に怒ってんだか)
私も関西人だけど、こういうコテコテな人になりたかったと思うこともしばしば。なぜか私は標準語が上手すぎて関西人だとは全然ばれなかったりします。つまんないなぁ。

それはともかく、チェブラーシカの映画をもう一度見たくなったので、DVDを早速注文してしまいました。楽しみ。



「チェブラーシ配給日記」は、ここでしか買えないようです。
posted by かばここ at 17:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 本(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祝 DVDご購入!
「がんばって がんばって すべてが無駄に?」
の名台詞もロシア語でチェックできますね。

そうそう、チェブTシャツに書いてあった言葉は
「ぱかぁ」と読み、「バイバイ」っていう意味だと思います。
絵がそんな感じだったし。
Posted by アマクリコ at 2005年03月17日 18:24
どもです。
ロシア語が読めるなんて、今の私からしたら憧れです。
チェブとお話できるではないですかっ。

DVDは昨日届き、ダンナと共に見ました。
やっぱりすごーくかわいかったです。
4話分しかないのがほんとに残念。
ダンナにはいまいちぐっとはこなかったようです。
「キリンさんとライオンさんがよかった」という
訳わからん感想でした。
(何やねん!どこ見とんねん!)
Posted by かばここ at 2005年03月18日 08:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。