2005年05月19日

愛・地球博へ

バンビツアーの「開園から閉園まで」という13時間滞在のやつで万博に行ってきやした。
駅前に6時半に集合なので、朝5時半起き。家に着いたのは夜中の12時でした。
よく歩いて1日が長かったけど、意外と楽しかったー!

行ったところは、長久手日本館、マンモスラボ、トルコ館、クロアチア館、アフリカ共同館、南アフリカ館、コーカサス共同館、ポルトガル館、チェコ館、ロシア館、リトアニア館、ベルギー館、インド館、ネパール館、モンゴル館、ブータン館、スリランカ館、中米共同館、アンデス共同館、アルゼンチン館、ドミニカ館、メキシコ館、三菱未来館、インドネシア館、トヨタ館、以上!
いっぱいまわったなぁ。各国パビリオンはいろいろ見ているうちにわけがわからなくなってしまった。

良かったところなど、書いてみます。
詳細は、相方のブログへどうぞ。

●クロアチア館
シンプルながら仕掛け&映像が素晴らしく、感動。意外にも、各国パビリオンの中でいちばん良かった。2番目に見たパビリオンだったので、その後がっかりしちゃうことが多くて、それだけが残念。いや、展示でもいいんですけどね、名産品だけ見せられてもっていうのもあるじゃないですか、芸術でも勝負してほしいですよね(って誰に言ってる?)。
でもヨーロッパのメジャーな国を見逃してるから、他にもいいところはいっぱいあるかも。

●食べ物
事前にネットで美味しいところを調べた甲斐がありました。だって、せっかく万博に来たのに、レトルトものとか食べたくなかったんですもの。

・Europe by Nature Caffeのピザ&カヌレ
チーズが日本のと違った。おいしい。あと、カヌレ(お菓子)も絶品だった。タルトも置いてあって、それも美味しそうだった。
店のねえちゃんはフランス娘。日本語はあまり通じない。基本的に愛想が全くなく、客に見えるところでだらだら食べながら働いていたのが、誇り高きフランス人って感じでよかった。そのフランス娘に「○○館はどこですか」と訊ねる中学生。やるなぁ。

・Restraunt Africa KOKO
メニューの種類が多い。そして万博内の他の店より安い。味もまあまあ。穴場かも。

・ベルギー館のレストラン
店内大混雑。わりとすぐに入れたが「ランチはない。ビールのみ」と言われる。お昼は食べてきたから良かったものの、待ってる間に言うべきでは? ビールはすんげぇうまかったらしい。私はジュース(コーヒーマシン故障と言われた)とワッフル。ワッフルはチェーン店マネケンのだったけど、おいしかった。ワッフル売り場は大行列なのに、レストランではすぐ出てきて恐縮っす。
売り場でワッフルを買ったばかりの女子高生が、レストランのかっこいいベルギー人青年がビールをついでいる姿を見て、写真に撮りに入ってくる。きゃーきゃー言ってる。イケメンコレクションをしているのかもしれない。若いぞ。

・スリランカレストラン
美味しいと聞いてたけど、ほんとに美味しかった。席に座ってゆっくり食べれるし、ディナーによかった。ここで休憩できたおかげで、トヨタ館90分待ちにチャレンジできたと言えよう。
メニューは豊富だったので、また行きたいくらい。
他にも食べれなかったものはいっぱいあるので、もしまた行くならそれも楽しみ。

●トヨタ館
夕方から並べば企業パビリオンに入れるというウワサで、三井東芝館を狙っていた。前の日にチェックしたときには60分待ちだったので。でも行ってみたら90分待ち。トヨタ館の最終と同じ待ち時間ではないか。相方に判断を仰ぐと、さすがロボット好き、トヨタ館になった。
私はロボットにほとんど興味がなく、たいして期待していなかった。それなのに、最後の方では涙を流している私がいた。参ったなぁ。何に感動したというわけじゃないんだけど、作り手の「愛」がどーっと伝わってきてしまったのだ。やっぱり愛がこもってるかどうかだよね、何でも。(結局ベタなくくりになっちゃった。)
posted by かばここ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3981449

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。